Elastic

Beats と Infrastructure UI で何かやってみる

はじめに

この記事はElastic stack (Elasticsearch) Advent Calendar 2018 – day 7(西野カナではありません)となります。

この週だけいくつか空いていたので勢いで申し込んでみました。。

簡単にできそうなものを、ってことでMetricbeatsのSystemモジュールでデータを収集して、とりあえずInfra UIで見てみるということをやってみました。

前提条件

バージョン等の情報は以下です。

elasticsearch 6.5.1

kibana 6.5.1

metricbeat 6.5.1

それぞれのセットアップについては割愛します。

また、数日前から動かしているのでその分のデータが溜まっているはずです。(新幹線の中で設定したので十分な確認が出来ていないまま、ぶっつけでやってみる)

さっそくやってみる

まずはセットアップ!

なんかモジュールがたくさん出てきた。system metricsをポチっと。

あれ?何か設定手順が出てきたぞ。。。どういうこと?もう設定してるし。何かがおかしい。

Check dataを押して、ステータスを見るとNo dataですと。。やはり何かミスってる??

ダッシュボードは。。。ちゃんと見えてる。んー。。。

時間も残り少ないし、このまま「できませんでした」という記事になるのか!?いやいやそれは恥ずかしいなぁ。今日はここまでで次に引っ張ろうかな。。。

わかった

indexの名前変えてるから??

ということで以下の設定をコメントアウトしてやりなおし。

output.elasticsearch.index: “metricbeat0-%{[beat.version]}-%{+yyyy.MM.dd}”

setup.template.name: “metricbeat0”

setup.template.pattern: “metricbeat0-*”

setup.dashboards.index: “metricbeat0-*”

Infra UIの画面に戻ってみると。。

出た!

とりあえず間に合ってよかった!

system以外のモジュール等、また試してみたいと思います。

まとめ

・beats導入済みであれば簡単に使い始められる

・index名に注意(どこかで任意の名前に変えられるのかは自分の宿題)

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Security

    1ヵ月前からはじめる情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)試験対策~平成30年度…
  2. Elastic

    Beats と Infrastructure UI で何かやってみる
  3. 未分類

    demo
PAGE TOP